ドッグフード 残す

好き嫌いをなくしてドッグフードを残すのを止めさせましょう

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

犬を飼っている人は何度か悩んだことがある問題が、ドッグフードの食べ残しです。

 

今まで美味しそうにパクパク食べていたドッグフードを残すようになると心配になって食べやすいようにいろいろトッピングをしてあげたり、今までよりも高いドッグフードをあげる飼い主が多いと思います。

 

確かにいままでよりもいいドッグフードをあげると美味しいと思って食べるようになりますが、また時間がたつと食べないようになってしまいます。なぜなら、また残せば更にいいドッグフードがもらえると思っているからです。
犬はとても頭のいい生き物で学習能力があるのでいいドッグフードに変えていることを覚えて味をしめて繰り返すようになるのです。肉が食べたければトッピングした肉のみを食べたりするようになったりもするのです。

 

頭のいい犬はもっと良いものを食べたくて同じような行動を繰り返してきますが、飼い主は甘やかしてはいけません。ドッグフードを出してからしばらく食べなければお皿ごと下げてしまいましょう。出されたものを食べないといけない、と思わせれば犬は素直にドッグフードを食べるようになります。

 

食べたいものだけ与えていたらデブ犬になって深刻な病気になってしまうことがあるので、心配でもきちんとしつけをして好き嫌いをなくしてあげましょう。

 

好き嫌い以外にも犬がドッグフードを残す原因は他にもあります。体調不良の場合もあるのです。そういった場合は普段も元気がなく、下痢をしていたり嘔吐を繰り返しているので、そういった場合は好き嫌いで残しているのではないですから、獣医さんに連れて行ってあげてください。胃や腸に不快感があるとドッグフードを残すことがあるのです。その際にドッグフードの相談などもしてみたほうがいいかもしれません。

 

排泄や犬の調子を見ていれば、好き嫌いからか体調不良からか予想することはできるでしょう。食事の問題は飼い主の責任なのでしつけをきちんと行って好き嫌いのない健康的なワンちゃんに育ててあげてください。

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』

 

 

ドッグフードおすすめ通販市販人気ランキング最新版はここから