カナガン 成分

カナガンの優れた成分とカロリーに注目!本当に必要な栄養だけが厳選

 

グレインフリーで作られた話題のドッグフード、カナガンの成分に注目してみましょう。

 

公式ホームページによれば「骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ」となっています。

 

これを見る限り、確かに穀物は一切入っていません。
犬にとって胃腸に負担をかけるトウモロコシ、小麦、米が使われていないので、お腹が弱いワンちゃんにも安心ですね。

 

 

カナガンドッグフードのカロリーは100gで361kcalです

 

カナガンの主原料はチキンです。
犬はチキンが大好物です。
食が細くてドッグフードを食べないと悩む飼い主さんがささみ肉をトッピングして食べさせるという話は有名ですが、これだけのチキンが含まれていればカナガンのドッグフードだけで十分です。

 

ドッグフードを食べないからとオヤツばかり与えた結果、肥満になったというワンちゃんもたくさんいますが、本当に美味しいドッグフードを与えればそんなことになりません。

 

チキンはタンパク質が豊富で犬にとっては理想的な食材です。
またサーモンオイルが含まれているので、オメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸も摂取できます。
これらの不破脂肪酸は、人間だけでなく、犬にとっても免疫力の強化が期待できる良質の脂質です。
この良質な脂質によって美しい毛並みと毛艶、そして若さが保たれるわけです。

 

そしてグルコミサンにも注目です。
小型犬によく見られるのは股関節形成不全がありますが、グルコミサンは健康な関節を維持する役割があるので関節に不安を持つ飼い主さんには特におすすめです。
また10歳以上のワンちゃんも、関節の健康には気を使ってあげたいところですよね。

 

これらの成分を見る限り、全体の栄養素のバランスがとても優れているのが特徴です。
そんなところが愛犬家に支持される理由でしょうか。

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』

 

 

ドッグフードおすすめ通販市販人気ランキング最新版はここから